Beyon開発日記

プログラミンやScratchに触発された私が新しいプログラミング言語を模索中。

カメレオンコードと今後の方向性

そもそもブロックを組んで画像で読み込ませようという大本の発想はQRコードのあの白黒の模様からなんですが、

ならばカラーでバーコードっぽいのを実現してる前例が有るんじゃないかと調べた所・・・

ありました。しかも、わりと一部業界では浸透しつつある模様。

それが今回ご紹介するカラーバーコード、通称カメレオンコードです。

www.infofarm.co.jp

 

思った以上にブロックで情報量を詰め込める模様。

 

実際、コレを読み込むためのアプリも既に出回ってる模様。

前例がある、ということは技術的に可能という事であるので自信につながります。

 

ということで、まずは画像から色を読み取るとこから始めようかと思います。

実はその辺りも、javascript周りで一応アタリをつけてはいるのです。

 

あとは取り込む色の吟味ですが、カラーコードで言う

#FFFFFF

黒#000000

赤#FF0000

緑#00FF00

青#0000FF

 

辺りは必須として

#FF00FF

#00FFFF

#FFFF00

辺りを含めて全8色ならキリが良いのかなと思ってます。