新プログラミング言語B012(ボルズ)悪戦苦闘開発日記

ブロマガ(ニコニコ動画)から移転。プログラミンやScratchに触発された私が新しいプログラミング言語を開発するまでの記録。

辞書作成

新言語B012がらみでまた新しいこと始めてます。

また脱線してると思われそうだけど、今回のこれ必要なことだからね。

 

例えばプログラムを組むIDEで、命令文の最初の一文字を入力するとそれに相応する一覧が出てくる辞書機能みたいなのを組み込もうと思った次第。

前ブログでも少し書いたのですが、当言語ボルズはカタカナ入力をメインで考えてて、

例えばforやifといったコマンドを「フォー」「イフ」のように表記する予定。

加えて、変数名などをつける際に冒頭のカタカナ一文字、例えば「カ」を入力すればカから始まる言葉、カラスとかカイジュウとかを一覧から選べるようにと考えています。

で、それをするためには日本語を網羅した専用辞書データを作る必要があり、なにか良いフリーのデータベースは無いかなと探してたところ

 

ありました。LZH圧縮形式で配布してるところが!

 

pddlib.v.wol.ne.jp

 

ただ、このままだと使い勝手が悪いので必要な部分だけ抜き出したり加工したりする必要があるので、せっかくなんでその辺りの経緯はブログでなくQiitaにて公開。

qiita.com

qiita.com