新プログラミング言語B012(ボルズ)悪戦苦闘開発日記

ブロマガ(ニコニコ動画)から移転。プログラミンやScratchに触発された私が新しいプログラミング言語を開発するまでの記録。

愚痴と涙とゲームと進捗

なんか酒と泪と男と女みたいなタイトルになってますが。

 

愚痴はまぁあれだ、新言語の進捗が捗々しくないのもあるんですが、

それに加えて、今朝雨だったんですよ、雨。

なので行きは駅まで自転車乗らず傘さして歩きで行ったわけですよ。

 

でそれをコロッと忘れてて、まず帰り電車降りてからいつもの駐輪場に行き、で暫く探してから自転車で来てないことに気づき、なら家の近所まで市内巡回バスが出てるなと駅まで戻って時間まで待ったが、バス停の前でいくら待っても来ない。

そもそも私以外誰も並んでないのがおかしいなとふとバス停の表示見ると「平日のみ運行」の文字が。今日日曜じゃんか!!

てなわけで帰りしなコンビニ寄ってストロングのロング缶とつまみ買って帰宅後あおりながらブログ書いてますがなにか?

 

でまぁ、ついで?なんで酔いが回る前に昨日も少し話したゲームをもう少し掘り下げて話します。

元ネタのフラワーナイトガール、攻略wikiや5ちゃんスレを見たことがある方ならご存知だと思いますが、花の騎士を統べる主人公である騎士団長は別名ハゲって呼ばれてます。

これは団長の特殊能力である光GAUGE(ひかりげーじ)開放が、

HGAUGE→HAGE

に見えることからついた渾名らしいのですが、それにならって?わが浦和内藤我有の主人公もハゲ・・・つうかちょいと毛髪が後退気味の主人公にする予定でして。

 

んーと、主人公視点で自己紹介するとこんな感じかな?

 

ボクの名は伊藤ケイト、通称ハゲイトウ浦和市内に住む平凡な無職だ。

会社をクビになってはや半年、今は地元のアイドル「URW48」の追っかけをやっている。

取り柄など殆どないボクだが、子供の頃から誰かを応援する事に関しては高く評価されてきた。ボクの応援で皆がハゲまされ・・・って、やかましいわ!

そんな訳で今応援するURW48の皆にも感謝されたりされなかったりの平穏+な日常が、ある日突然終わりを告げた。

数千年前の古代に滅び、ずっと地下に潜んでいたフッサール帝国。その末裔が地上に飛び出し、この浦和を拠点に世界征服をすることを宣言したのだ。

けれどボクたち浦和の住民には、古くからの言い伝えがあった。

 

「浦和に危機が訪れるとき、内藤の名を関する者が救世主となる」

 

果たして、その場に現れた一人の内藤。

それはボクの学生時代の友人、内藤ホライゾンだった。

前回も書いた通りAAキャラ満載でお届けしますが、ゲームの特性上、名字は全員内藤でお送りします。

「内藤モナー」とか「内藤ギコ」とか。

ついでに「内藤(荒巻)スカルチノフ」とか「内藤ジョルジュ(長岡)」とか。