新プログラミング言語B012(ボルズ)悪戦苦闘開発日記

ブロマガ(ニコニコ動画)から移転。プログラミンやScratchに触発された私が新しいプログラミング言語を開発するまでの記録。

移転&そして、はじめまして。

ども、「くろいねこ」こと朔原海里(さくはら かいり)と申します。

 タイトルにもあります通り、ちょっとプログラミング言語を作っております。

前ブログから数えてかれこれ2ヶ月ほど。

 このブログでは、その進捗報告をできたらと思った次第。前ブログ的にほぼ愚痴と、その後上手く行った旨の繰り返しとなると思いますが。

 一応、ここのブログが初見な方にあらためて、そもそも何故プログラム「言語」を「作ろう」と思ったかと言うと、きっかけになったのは、

 文部省推奨の「プログラミン」という子供向けのプログラム言語。


 2020辺りから小中学生も授業でプログラムが必須となるらしく、「プログラミン」は、それに使われるであろう有力候補の一つと言われています。
 実際に使ってみた印象として、プログラムに興味を持つ切っ掛けとしては良く出来てると思います。頑張れば簡単なゲームも出来るでしょう。

 だが、しかしです。

 一応仕事でプログラム的な物も触ってる人間としては、なんかこう、足りない。
 変数使わせろ関数使わせろ、コピペも欲しい、と微妙に不満点も多々あるのです。

 そこでまあ、なら自分で作ってやれと無謀にも思った次第。

 ベースとなるのは、スマホやホームページを始め多くの媒体で幅広く使われてるjava
小中学生がプログラムに興味を持って本格的に学びたいと思ったら、javaベースの言語は一番関わる確率が多いと思うんです。マイクラのmodもJavaだしね。

 ただJavaってCやBASICと違って便利で汎用性もある反面、多言語に比べて癖のある言語でもあるのです(ちなみにブログ主はサーバ系ITなので主に使うのはPHPperl、あと趣味でHSP
 その煩わしい部分をプログラミンみたいな視覚系言語にすることで軽減できないかなというのが、今回作ってみようと思った一番の切っ掛けです。

 言語の名前は「b012」と書いて「ボルズ」とよみます。012部分をラフに手書きしたらolzと読めるかなーと。
 で、この名前にした理由は二つ。

 理由の一つは、次回のブログあたりで紹介できたらと思うのですが見た目がボルト(ねじ)を並べたような形状になってること。


 もう一つの理由は、元々この言語、知り合いが考えてた「b12」という視覚的言語がベースになってます。
http://b12.hatenablog.com/
彼が志半ばで辞めてしまったので、そのアイデアを引き継ぐ形になります。

 そんなわけで、ゴンゴトモヨロシクオネガイシマス。

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ
にほんブログ村